スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

the pilows/Movement Tour@なんばHatch【ネタばらし放題】

渋滞が予想以上で、残念ながら開場時間に間に合わず、
ヒロくんが取ってくれたせっかく2ケタの神番、活かせず。
もったいないけどやむなし。
でも遅れたおかげで久々にキャッさんと出会えました。

物販でイヤホン&Tシャツ購入。
movementグッズ

イヤフォン


開演と同時に流れに乗っかって淳さん前、5列目辺りへ。
後ろから押し込まれもせず、前との隙間を作れるくらいの
空間だったので、前の方の割に快適でした。
Hatchは最前の柵から次の柵までの間隔が割と短めなんで
最前ブロックに大量に流れ込まなければ、後ろから前への
押し込みがなく、けっこうゆとりができるので好き。
Peeちゃんサイドはぎゅうぎゅう過ぎてたまに足が浮くくらいに
なりますがw

スタンディングライブで重要なのはアーティストとの距離よりも
視界と酸素。「とにかく前へ」の姿勢はダメ!

3列目辺りに後ろから押し込まれてもないのに手も挙げられないくらい
最前、2列目の人の背中にへばりついてる男子がいたんですが、
何をそんなに必死になってるんだとw
さんざん前の人苦しめておいて、結果、数センチ前、前へ行けるだけ。
あわよくば割り込もうという感じなんでしょうけど、大きな間違いです。

男はむしろ前方でけなげにがんばってる女の子が視界を確保くれている
ことに感謝して、後ろからの押し込みから壁になって守ってあげるくらいの
気概を見せてほしいものですw

まさに「若さゆえの過ち」だなと思いましたw

ライブの楽しみ方は人それぞれ。
だからこそ誰もが楽しめるようにしないと。

以上、ライブ歴14年のおっさんの小言でしたw


そして詳細レポは「続きを読む」へどぞ。



以下、ライブレポ














客席「さわおさん、お誕生日おめでとー」(拍手)
さわおさん(苦笑いの後)「この歳になるともう誕生日とか。。。」
「あ~、どんなに~(アナモニへ)」
言った奴、名古屋のセトリ、知ってたなw

イヤモニター、不調でステージ袖へ。
「打ち上げの打ち合わせだよ」
「今、ブラジャー、取り替えるから」
「淳のベース、全然、聴こえない」
「もうちょっとベースの音、固めにして、ボーカル下げて」
「もう一回セッティングし直すから予定にない曲、やってやるよ」
「得したな、公開リハだ(笑)」
メンバーに「適当に合わせてみて」と言った後、さわおさんが
唐突に「Funny Bunny」弾き語りの形で開始。
それに合わせて、他のメンバーも演奏に加わるって感じでした。
1回目のサビは客席合唱バージョン。

チューニング時
客席「さわおー」「Peeちゃーん」→スルー
客席「淳さーん」
さわおさん「淳、彼女が呼んでるぞ」
淳さん「また後でな」
さわおさん「エロいな、おい(笑)」
淳さん「どう返していいかわかんねー(苦笑)」

客席「ブラジャー大丈夫~?」
さわおさん「ああ」
女客「交換してあげよか~」
さわおさん「え、そんなシステムあんのか?(笑)」

Movement前
「22年目に突入したわけですが。相変わらず新曲ができると嬉しいんだよ。Funny Bunnyやストレンジカメレオンのような名曲と肩を並べるような曲ができた時は達成感がある」


ロボットマン前
さわおさん「楽しめるのはここまでだ」
(客)「えー」
さわおさん「こっからは暗い曲続くぞ(笑)」

メンバー紹介時
淳さん「カミナリグモというバンドでもベースを弾いてて明日も大阪に残ってライブします。」
さわおさん「これ、宣伝なw全然、売れてないらしいな。ロックスターが出るというのにw」
淳さん「今日もチケット売ってるのでぜひ来てください」
さわおさん「スターがうろうろしてても声かけるんじゃねーぞw」

真鍋さん「暗い曲でもやってる方はキャーキャーですよ」
しんちゃん「ブラジャーといえば。大阪のあるパチンコ屋さんの女性従業員さん、白いブラウスでブラジャーが透けてて、思わず一瞬で恋をしてしまいました」
さわおさん「安いな、おい」
しんちゃん「歳を取るとそうなりますw」

【順番うろ覚えの神セトリw】

My Foot
New Animal
Another Morning

彼女は今日、
Funny Bunny
Crazy Sunshine
リタリン

Movement
空中レジスター
Midnight Down
ローファイボーイ
ROBOTMAN
Split emotion

Flag Star
Beautiful Morning with you
Rush
Sleepy Head
モールタウンプリズナー
この世の果てまで
Blues Drive Monster

New Year's Eve
Sinners

プロポーズ


これから転職する自分に「My Foot」&「Funny Bunny」直撃!
終盤のFlag StarからBDMまでの流れが秀逸過ぎました!

さわおさん、ぶち切れ事件のあの10ヶ月前のライブとは一変して、
機嫌も良かったし、演奏にも気合い入りまくってましたね。
さわおさんの声も絶好調。まさに圧巻。凄みすら感じました。
MCは短め、曲で伝える!という気持ちが伝わってきました。

ライブ後、会った仲間が口々に「何、この神セトリ」
アンコールなくても文句ないくらいの満足度でした。
おなかいっぱい。ごちそうさまでした。

ライブ後、ヒロくん、Keiさんと合流。
さらにジャグさん、とっしーさんも。
その後、はに、はとくんとも。
カナさんはもう離れてたようで会えず。
またそのうち。

お別れのあいさつをするもののバンドメンバーとの時、
同様、年1、2回の頻度なら会えちゃう気がするので、
なんか「お別れ」という実感が湧かないんですよね^^;

名古屋の大学の友達のことにも呼ばれてたら日帰りで
行くくらいなので、また呼んでもらえれば都合がつく限り
行きますw

なんせ福井に友達ほとんどいませんからね!w
スポンサーサイト
03:31 | the pillows | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
福井ライフ、スタート | top | iPhone4、購入

コメント

#
live羨ましいですねぇー!
まだ行ったことがないので、早く行きたいです。
ブラジャーの節で笑いました笑
また来ますね!
by: ぴろし | 2011/04/10 17:30 | URL [編集] | page top↑
#
>ぴろしさん
いらっしゃいませ。
ライブ未経験ですかー。
こちらは12年、年間3、4回...w
ピロウズはライブで見てこそ!
ぜひ行きましょう!
by: たつや | 2011/04/12 00:24 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://fastestpram.blog50.fc2.com/tb.php/831-f8f08e14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。