スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

W杯序盤戦

相変わらずの月記ぶり、すみません(^^;

Twitterくらいは毎日、書き込むよう努力しますw
http://twitter.com/pram01

昨日はとっしーさん経由でTwitter上でTMレボリューションと田原総一郎さんが両者の読者を通じて繋がる瞬間を目の当たりにし、初めてTwitterの威力を実感しました。
TMRが地元滋賀県を盛り上げることを目的に自身が企画した「イナズマロックフェス」。彦根出身の田原総一郎さんのTwitterの読者がイナズマロックフェスへの協力を要請してみたら快諾して、田原さんからTMRのTwitterへコンタクト。TMRもビックリw

電話番号もメルアドも不要。
チャットルームやBBSに集まる必要もなし。
それでもコンタクトがとれてしまうというTwitterの凄さを知りました。
ソフトバンクの孫さんもTwitter経由でユーザーの意見を直接、
吸い上げた上でけっこう応えているようです。

ただ発言が世界に筒抜け状態なんで不用意な発言には要注意ですね。



W杯はグループリーグも残り1戦という段階へ。

日本VSカメルーン戦はカメルーンの自滅に助けられた印象。
カメルーン、監督のせいで実力、発揮できず。
遠藤→松井→本田のゴールはきれいでしたね。

日本VSオランダは中澤、闘莉王、長友がよく頑張りました。
大久保と松井、過去の代表戦とは見違えるような動きの良さ。

このパフォーマンスを90分、維持できれば言うことなしなんですが。
俊輔は明らかにコンディションが悪いと思います。もともとスピードもないし守れない選手。俊輔のなすべき仕事はキープして味方がスペースに飛び込んだりオーバーラップしたりする時間を生み出し、決定的なパスを供給すること。いい時の俊輔はそれができるんですが、今はそれが期待できない状態。仮に使うとしたら走り回れる2トップでのトップ下だと思います。このコンディションで突破力、走力が求められる上、パスコースも限定される右サイド起用はだめでしょう。スペースに飛び込む動きのない本田ワントップなら尚更。曲がらない今回のボールでは俊輔のフリーキックも残念ながらそんなに期待できません。
本田も仕事させてもらえませんでしたね。ミドルシュート、打ちたがっていますが、ミドルはパスコースがあってこそ打てるもの。世界トップレベルでは本田の前に誰もいない状態で、そう簡単に打たせてもらえるわけありません。
今のシステムで本田と俊輔の併用はお互いの持ち味を打ち消し合うだけだと思います。実際、併用でいい結果出てませんし。
ということで岡田監督の采配、意味不明。

俊輔のかつての輝き
スポンサーサイト
22:23 | にっきちょう | comments (0) | trackback (-) | page top↑
いざ決勝トーナメント! | top | 誕生日でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。