スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

チャットモンチー耳鳴りツアーなり~2006秋~@BIG CAT

昨日のレポ!

仕事の後、車でなんばに直行!渋滞に巻き込まれたものの18時ちょっと前に会場到着。整理番号はほぼ最後方でした。チケットを買ってくれた方と無事、会うことができ、一安心。18時20分過ぎ、会場内に入り、コインロッカーへ行ったものの両替機が見当たらず。物販で記念にリストバンドを買いました。Tシャツは2000円と安いんですが、男が着るにはかわい過ぎました(笑)それでも紺色の方はサイズによっては開演前に売り切れていました。チャットモンチーストラップも1000円と安いんですが、男が使うには厳しいデザイン。何とかした方がいいです。
06-10-31_22-00.jpg


観客は男:女が3.5:6.5くらいかな?モンバス、ロックインジャパン等、フェス系のTシャツがちらほら。黒バスター君Tシャツの方も1人発見。でもTシャツ率は低め。おしゃれな人多め。制服姿の高校生もちらほら。

客電が消え、いよいよ開演!左寄り真ん中辺りにいて、1/3くらいに圧縮されるだろうと思ってたんですが、1/2くらいでストップ。左右の隙間はないんですが5列目くらいから前の人との間隔をある程度、保つ感じに。ハイブリッドイノセント、フィーダーのぎゅうぎゅうライブから間もないので戸惑いました。チャットモンチーファンはじっくり聴きたい人達がかなり多いみたいですね。ただノリのいい曲でさえ微動だにしないのはどうかと。6、7列目辺りに動かない人達の壁があり、そこで前方の盛り上がりが遮断されてました。何か一体感がないというか、ライブはみんなで作り上げるものという意識が足りないというか。熱い人が飛び跳ねてる横で棒立ちの人がいるというかなり奇妙な光景が至る所に見られました。普通はだいたい盛り上がってるところが前方中央付近から後方へ広がり、グラデーションのように徐々に落ち着いていくもんなんですがね~。前方は特に横が盛り上がってたら空気を読んで多少なりとも合わせるもんだと思うんですが。対バンならまだしもワンマンでこの温度差は何なんだと思いました。新人さんだし、まだファン同士のチームワークもできてないってところでしょうか。前方でライブ後に「押された、押してない」でけんかしてたようですが、それはその象徴かも。押されたくないならスタンディングで前にいること自体、間違ってますし。
まー、そんな棒立ちの人の後ろでは非常にノリづらく、テンションもあまり上がらず、聴くことに集中するようにしました。

チャットモンチーのパフォーマンス自体はなかなか良かったと思います。メジャーデビューした頃のバンプよりは圧倒的にうまい!(笑)
えっちゃんのあのボーカルは生で聴くとさらに凄さを感じました。あれだけの歌を歌いながらきっちりギターも弾きこなすのは凄いです。ギターソロが多少、おぼつかないのは大目に見ます。ディストーション、フェイザー、ディレイ、ワウペダル等エフェクターの使いこなしっぷりもかっこ良かったです!
ベースのアッコは安定感はあるものもインパクトは少なめといった印象。曲によってはいい感じでした。スリーピースならもっとリードギター的フレーズがあってもいいかなと思いました。改善の余地ありです。身近にすごいベーシストがいるだけにどうしても辛口コメントに(笑)
ドラムのクミコンはドラムよりコーラスの上手さの印象が強かったです。全体的にスネアにリバーブがかかり過ぎて「スパーン!」って音が欲しいところも「パァァ~ン」て鳴っててもったいないな~と思いました。PAさんの責任かな?
中盤くらいから固さが取れたのか、演奏が全体的にまとまってきた感じがして、背筋がゾクッとしたり、「いい!」と思う瞬間を度々味わうことができました。

ネタバレありレポは「続きを読む」へ!

本日のご支援のほど、何卒、お願いいたします。

曲としては「恋の煙」、「どなる、でんわ、どしゃぶり」がかっこ良かったです。
ゾクッときたのは「一等星になれなかった君へ」。やっぱり泣きメロに弱いです(^^;
「恋愛スピリッツ」のアカペラ部分も凄かった!

各地で恒例となっているらしいハナノユメの「ふらつく体~ トランス状態~」の部分は「通天閣で~ 串かつ食べた~」になってました。その部分でえっちゃんが拳を前に突き出していたんですが、非常に覇気のない拳で微笑ましかったです(笑)つい、だいたひかるを思い浮かべてしまいました。

<MC>
アッコが「スタッフがタコ焼きを買ってきてくれてたんですが、いない間に2人に食べられた」と話していました。えっちゃんにも何か話す?と振りましたが「あとでいっぱい話す」と言ってました。

で、その話。えっちゃんは「天王寺動物園に友達と行って、ふくろうの首が180度反対に回るのにびびった!」「回る度にキャーって逃げてまた戻って見てって感じでふくろうばっかり見てました」という思い出話をしていました。

「小さなキラキラ 」の前にはクミコンが日ハムファンの男役、アッコが阪神ファンの女の子役で「先輩、好きです、付き合ってください」「ごめんな~、好きなコがおるんや」という小芝居あり。
その後という設定でひっかけ橋で「かわいい子いるよ~」と呼び込みの仕事をしているアッコが振られた先輩と再会。「お父さんとお母さん、心配しとったぞ~、連絡したったらどうや」「でも帰れないんです!」という小芝居もあり。アッコ、だいぶ照れてました。
えっちゃんはナレーションと女の子の心の声を担当してました。

アッコが「今日はおめかししてるんですよ。取材があって。」
観客「かわいい~」アッコ「ピックあげる」
アッコ「堀江公園へ行ったんですが鳩が凄かった。枝に止まってて枝がぐにゃ~ってなってた」「その鳩が爆弾を落としてくるわけですよ、テポドンを!」
えっちゃん「鳩の座っている面ってわかります?あの部分を見ると何かうわ~ってなる」
アッコ「確か鳩って食べれるよね」
クミコン「うん、食べれるよ、鳩団子ってあるし」
アッコ「あったっけ?」
クミコン「うん、たぶんある」
えっちゃん「平和の象徴を食べてはいけません」
(注:鳩団子、辞書に載ってません!ググっても微妙な用法ばかり!この世に存在するのか、鳩団子?!)

他にもいろいろあったんですが、記憶が微妙。書いたのも忠実ではありませんのであしからず。
全体的に話長い割にオチなし。アンコールでも「大阪には備えてきたつもりでしたが、まだまだやな、甘かった」と反省していました(笑)

アンコール前には客席をバックに記念撮影!HPにアップされるんでしょうか?
アンコール後はピック投げ大会。8枚くらいかな?オリジナルデザインのようです。
mixiのチャットモンチーコミュに行けばアップされてます。

<セットリスト>
1. ウィークエンドのまぼろし
2. プラズマ
3. ハナノユメ
4. 東京ハチミツオーケストラ
5. シャングリラ
6. さよならGood bye
7. 終わりなきBGM
8. 一等星になれなかった君へ
9. 小さなキラキラ
10. おとぎの国の君
11. どなる、でんわ、どしゃぶり
12. 迷迷ひつじ
13. 恋愛スピリッツ
14. Demo、恋はサーカス
15. ツマサキ
16. 恋の煙
17. 湯気
18. ひとりだけ
<アンコール>
19. サラバ青春
20. 夕日哀愁風車
スポンサーサイト
19:28 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
祝・全国大会出場! | top | チャットモンチー、行ってきました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://fastestpram.blog50.fc2.com/tb.php/78-cc079843
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。