スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

oops! here I go again / gallery PARTY

  Image266.jpg

 「oops! here I go again / gallery PARTY カオリーニョLIVE SHOW」に行ってきました。カナさん達主催の「七夕トゥナイト」の開催とかぶっちゃって悩んだ末、竹腰さんの歌、まだ聴けてなかったのでこちらを選ばせてもらいました。「spaghetti vabune!」は見たかったんですけどね~。カナさん、ろびさん、すみません。

 oops! here I go again galleryに到着すると出演のカオリーニョ藤原と竹腰さんがお出迎え。他にはまだ誰も来てなかったんですが、続々とお客さんも到着。
 竹腰さんのミニギターをポロポロ~ンと弾いていると、お客さんの一人から遅れるとの連絡が入ったようで、竹腰さんから「静かなんもなんやし、たつやくんも1曲やり~や」ということで急遽、その場でオープニングアクト出演決定(笑)「Answer」をショートバージョンでやらせてもらいました。室内でのマイクなしのアンプラグドライブってそういえば初めてでした。練習してなかった割にはまあまあ良かったかな?後でお客さんの数名の方からバンド名、聴いてもらえましたし。竹腰さん、ライブさせていただきありがとうございました!しっかり練習してまた出演できるよう頑張りたいと思います。

 そして竹腰さん with カオリーニョ藤原さんのライブ、開始。ボサノバなアレンジで、まったりと楽しませていただきました。カバーでは曽我部さんの「もしも」、オザケンの「天気読み」、尾崎豊の「I love you」をやってくれました。オリジナル曲は竹腰さんの純粋さが詰まっていたように思います。竹腰さんの歌声は気取らず、正直といった印象でした。まだコンビを組んで間もないということでまだ仕上がりきっていないという印象はありましたが、練習を重ねるにつれ、もっと良くなっていきそうなのでこれからが楽しみです。

 続いて竹腰さんがアニキと慕うカオリーニョ藤原さんのソロライブ。音楽のキャリアはかなり長いようで日本のボサノバ界では有名な方のようです。カバーもオリジナルもボサノバの素晴らしさが詰まってて、非常に良かったです。ライブも相当な数をこなしているようで、お客さんの心の掴み方もさすがでしたね。お客さん全員を温かい気持ちにさせてくれます。今回はクラシックギターでの弾き語りでしたが、バンドバージョンもまた違った良さがあるようなので、機会があれば見に行ってみたいと思います。

 ライブの後、竹腰さんの「飯食いに行こかー」というお誘いで、竹腰さんとお客さんのうちの6名で、飲み屋にて食事しながらおしゃべり。みんなバンドやってたり、写真やってたり、民族系ダンスやってたりと完全にアーティスト集団。知らないジャンルの話も聴けていろいろと勉強になりました。こういう機会は非常に刺激的です。ほとんど初めて会う方ばかりでしたが、いろんな話題で盛り上がり、2時間以上、おしゃべりを楽しませてもらいました。oops! here I go again galleryはいろんな人を結びつけて、また新しいものを生み出す素敵な空間です。皆様もぜひ。


 お食事会解散後、友人が店長を務めるHEPにあるお店へ。バーゲンの真っ最中のため、数日、ほとんど寝てないそうで、げっそりしてました(^^;
 しばらく話しているとまた驚きの事実が判明。
 「数年前まで従兄が下のBEAMSで働いてたんだけど今は三宮やねん」と話すと、「えっ!もしかしてあの髪の長い人?同じ中学ということで仲良くしてもらっててんけど従兄やったん!マジで。びっくりした~。」との答えが。ほんとびっくりしますね。相変わらず世の中狭いです。3人で会えたらおもしろそう(笑)


 本日も応援クリック、よろしくお願いします☆
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
 人気blogランキングへ
  ↑ ↑ ↑ ↑
スポンサーサイト
23:57 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Daniel,Lucy | top | 曽我部恵一BAND TOUR2008 キラキラ!@なんばHatch

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://fastestpram.blog50.fc2.com/tb.php/646-40e788d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。