スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ボロフェスタ'07 (10/8)

 今日は夜勤明けでボロフェスタ3日目へ。JRの人身事故のせいで柩君との待ち合わせに若干、遅刻。コンビニでプレミアムモルツを買って会場でまず一杯。その後、受付でリストバンドをもらい、会場へ。タテタカコさんの演奏中でした。今回のボロフェスタは屋外のサンセットステージでの演奏が急遽、できなくなり、タイムテーブルが直前になって大幅に変更されました。チケットがなくても楽しめるという売りを奪われた主催者の皆さんは相当、悔しかったでしょうね~。同時進行がなくなった分、どのアーティストも見れるというメリットは生まれましたが。
 斉藤和義のために朝日美穂からフロントステージ近くを確保しようと試みたものの夜勤明けの眠気と講堂内の暑さにやられギブアップ。一旦、壁際に下がって休憩した後、空気を吸いに外へ。講堂内の暑さは相当なもので1時間以上いると気分が悪くなりました。
 スクービードゥーが始まる頃、また講堂内へ。フロントステージの斉藤和義に備え、スクービードゥーはまったり後ろから見ていました。はにコ、柩くんによると相当、激しかったらしいです。
 そして斉藤和義!斉藤和義が始まる時には客席はびっしり。初めて「詰めてください」というアナウンスがありました。そして斉藤和義、登場!近い!コンサートホールでのライブが中心の斉藤和義をこの距離で、それも弾き語りを聴けるのはかなり貴重な機会だったのでは?
 曲は「アゲハ」、「ワッフルワンダフル」、「歌うたいのバラッド」、「愛に来て」、「I love me」、「歩いて帰ろう」をやってくれました。後半の3曲はキーボードのエマーソン北村さんも参加。初めて合わせるというのにバッチリ合ってました。さすがプロ。
 苦情が来て外のステージがなくなってしまったことに関しては「(苦情を言ってきた)そっちこそうるせーよ」とボソッと言ってました(笑)CM出演については「おもしろいかなと思って出てみました。飴、いっぱいもらえた(笑)」と話してました。
 ずっと聴きたかった斉藤和義の生の歌声。ついに叶って嬉しかったです。
 斉藤和義の後、外でたこ焼きを食べながら休憩。西部講堂前にはタイカレー、どて煮丼、焼き鳥他、いろんな出店があり、これもボロフェスタの楽しみの一つですね。
 休憩した後、モーサムのため、スタンバイ。モーサムは知らない曲ばかりでしたが、かなり良かったです!初めて聴くのにのせられて、跳ねまくってました。モーサムは音源よりライブの方がいいと思います。ただモーサムはヤバイお客さんがちらほら。ワンマンだとこんな客だらけかと思うとちょっと躊躇。
 モーサムで燃え尽きたはにコは帰宅。柩くんとラーメンを食べに行って、僕は再び会場へ。こだま和文さんのトランペットは温かい音色で心地良かったです。
 トリはゆーきゃん。開いてたので、つい真正面の最前列に(笑)
 「タイムテーブルの関係で、もし時間が押したらゆーきゃんの時間がなくなるかもしれないということでバンドでの出演をキャンセルさせてもらいました。自分一人で責任を負って戦おうと思っていました。でもそれは間違っていました」と話されてました。ボロフェスタ主催者の一人として覚悟を持ってイベントに向き合ってることが伝わってきました。
 繊細な歌声でみんなの心を震わせてくれました。周りの女の子、かなり泣いてましたし。 「最後の曲です」とおもむろにスピーカーによじ登り、「アコースティックでやります。後ろの人、聞こえなかったら後で(屋外の)サンセットステージでやります!」といい、マイクなしの完全アンプラグドのライブ!それまでの繊細な歌声とはひと味違う力強い歌声が印象的でした。言葉にはしなくても、ボロフェスタに対する様々な思いが歌に込められていることがひしひしと伝わってきました。
 そして最後は大画面に3日間の出演アーティストのダイジェスト映像が流れ、それぞれのバンドにみんなで拍手!一番最後のスタッフの名前のエンドロールでは聞き覚えのあるイントロが…。なんとピロウズの「FUNNY BUNNY」!この曲がかかった途端、「これ誰の曲?」「ピロウズ、関係ないやん(笑)」といったどよめきが…。でも、感動的なエンディングには最適な曲でしたね。
 京都のライブハウス、アーティスト、ボランティアが力を合わせて作り上げられたイベント、「ボロフェスタ」。与えられた条件の中で精一杯準備を頑張ってきたことが随所に感じられました。まだイベントとして改善の余地はあるかもしれません。ただ参加する側も、主催者に全てを任せ、責任を押し付けるのではなく、ボロフェスタを作り上げる一員だという意識を持ち、協力する姿勢も必要なのではないかと思いました。主催者に管理されるのではなく、自分達も協力することでさらにより良いイベントとして成熟させていける可能性を秘めたイベントだと感じました。
 ボロフェスタの主催者の皆様、出演者の皆様、参加された皆様、お疲れさまでした!


 10位圏内までもうちょっと!
 応援クリック、よろしくお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 人気blogランキングへ
 ↑ ↑ ↑ ↑
スポンサーサイト
23:43 | live!! | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
天王寺動物園にて | top | 値上げ

コメント

#
ああ、なんか、たつやさんに行ってもらえてよかったです。
素敵なレポートありがとうございました^^
by: カナ | 2007/10/09 18:50 | URL [編集] | page top↑
#
>カナさん
チケット、ありがとうございました~。
有効活用させていただきました!
by: たつや | 2007/10/10 20:58 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://fastestpram.blog50.fc2.com/tb.php/387-df6ae99d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。