スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ユピトーク@京都nano

 東京からはるばる京都までライブに来てくれたユピトークさんを見に仕事の後、京都まで行ってきました。宝塚までが渋滞してたけど、それ以外は順調で、20時過ぎにnanoへ到着。nanoはきれいで割と小さめのライブハウスでした。横幅もそんなになくてたぶん客席、ステージ合わせても18畳くらい?セッティングのためにゆりえさんが控え室から現れ、ご挨拶。「たつやです」と言うと「そのTシャツでわかりました」とTシャツのバスター君を指して言われました(笑)
 ee21.jpg

 セッティングを終え、いよいよユピトークのライブ、スタート!まずはゆりえさんもテレキャスを持って「とかげの街」から。なんかボーカルが小さくて聴こえにくかったのが残念。リードギターの音が大きかったのかも?続いてギターからキーボードに持ち替え、「HOME」。ゆりえさん、タンバリンの置き場所に困ってました。あとで本人に聞くとリハの時はピアノ用の椅子だったので、横に置けたのに本番で小さい椅子になってて焦ったとのことでした(笑)PAでいじってもらえたのか徐々にボーカルもはっきり聴こえるようになりました。「アモルフォファルス・ギガス」もいい感じでした。が、こういうかわいい感じの曲ならもう少し笑顔を振りまいてもいいかも?終始、表情が硬かったのが、ちょっと気になりました。ライブ後、ライブハウスのオーナーさんにも指摘されてましたが(^^;ゆりえさんはキーボードとしてのキャリアはあるんですが、ステージの真ん中で歌うというキャリアはまだ始めたばかりなので、これからゆとりが出てくればもっと笑顔も見せてくれることでしょう。
 バンドの演奏もなかなか良かったです。特にベースの方の演奏が独特で、印象的でした。ユピトークさんとは付き合いも長いようで、一番、曲のイメージをつかんだフレーズを弾いているように思いました。サポートメンバーが4人揃ったのは、今月に入ってからだそうで、それでこの演奏は大したもんだと思いました。ギター、ベース、ドラムの各パートの方がそれぞれの高いスキルで、短い準備期間をカバーしてるのはすごいと思います。なので、じっくり練り上げられたアレンジとはまた違った、曲のイメージを共有しながらそれぞれが持ち味を発揮するセッションに近い雰囲気を感じました。最後の「ユピソング」は「序盤からちょっと早いけど、そういうアレンジかな?」と思ったら後半、さらに加速!ゆりえさん本人はそれに気付いていなかったそうです。ちなみにリズムキープはうちのバンドも永遠の課題です。(笑)
 MCでは「バンドを組んだらCDを出すぞ!とかメジャーデビュー!とか武道館でライブ!とかいろんな目標を作ると思うんですけど、私は前のバンドでお世話になったこのnanoに呼んでもらってライブすることが一つの目標でした。それが叶って嬉しいです。ちょっとにやけてしまいます。ありがとうございます。」と話されてました。nanoのオーナーさんから「目標が低過ぎるわ!」とツッコミが入ってましたが(笑)
 ユピトークさんのライブは初めて見たんですが、短い準備期間の上、2回目のライブとしては上々の内容だったんではないでしょうか?今後、バンドの呼吸をもっと合わせていけばさらにすばらしいものになっていくことでしょう。またいつ関西に来てくれるかわかりませんが、次のライブも楽しみにしています。
 こちらの「20070824ユピトーク@京都nano」というフォルダに写真、アップしてます。
 http://photos.yahoo.co.jp/ph/nwhsg676/

[セットリスト]
 1.とかげの街
 2.Home
 3.アモルフォファルス・ギガス
 4.低空飛行船
 5.雨の日も、晴れの日も(band ver.)
 6.gift
 7.ユピソング

 あっ、それから「mixiにユピトークのコミュ、作らないんですか?」って聞いたら「作ってください」と言われたので作りました(笑)
 mixiユピトークコミュ
 多数のご参加、お待ちしております!
 自分のバンド、「Fastest Pram」のコミュも活性化を図らねば(^^;

 ユピトークの後に登場したQuesa(ケサ)さん。ピアノ、キーボードの弾き語りにドラム、ベースを加えた女性ボーカルのソロユニットなんですが、歌の表現力がハンパじゃなかったです。完全にプロ級。圧倒されました。Fishmans好きで最近、安藤裕子にもハマってる僕にはジャストフィット。「あいづち」という曲が特に良かったです。
 Quesa HP
 Quesa MySpace

 ライブ後、ゆりえさんやゆりえさんのお友達とお話する時間がありました。皆さん、バンド関係で何らかの音楽活動をされてました。自分もやってるんですけどね(^^;お互いにファンであり、尊敬し合いながら、刺激し合うバンドの繋がり、交流っていいですね~。自分もいろんな場で広げていきたいなと思いました。くるりが主宰するレーベルのコンピ「NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION Vol.2」に参加してる24ページの方ともお話できました。くるりと会う機会もあり、佐藤さんはめっちゃいい人だったと話してくれました。岸田は…?(笑)

 500ポイントの大台に!
 皆様の日々の応援、感謝してます。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 人気blogランキングへ
 ↑ ↑ ↑ ↑
スポンサーサイト
23:55 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
『ユニコーン・トリビュート』&『奥田民生・カバーズ』 | top | 工工エェ(´Д`)ェエ工

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://fastestpram.blog50.fc2.com/tb.php/352-a0456fad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。