スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

相対性理論 presents『立式 II』

カナさんやジャグさんが日記で紹介してて聴いてみた相対性理論の「LOVEずっきゅん」。この曲の中毒性は異常(笑)


そこからすっかりハマっていつかライブを見てみたいと思っていたところ、とっしーさんからチケットが回ってきたので行ってきました。

ライブ動画は盗撮レベルのものしか出回っておらず、PVも本人出演なし。メンバー画像も1種類しかないという謎だらけのバンド。実在するバンドだということは確かめることができました(笑)謎は謎のままの方がいいって方もいると思うので、MC等は「続きを読む」へどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト
02:31 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ミナホ3日目

日曜、ミナミホイールに行ってきました。

就職して関西に帰ってきて10年経ちますが、実はミナホ初参加。
Peridots、曽我部さんが出てた深夜のエキストラステージには
行ってるんですが、ライブハウス回るの初でした。
10年、なぜか仕事(笑)

monobright、事故渋滞で全然、間に合わず。
なんかそのライブで重大発表があったそうで。
ヒダカトオル氏加入という衝撃的な発表!
見てませんが、もはや別バンドになっちゃう気がするんですけど。
今後の音源でその必然性を示してもらいたいと思います。


弟と合流して、Fanj twiceでコルクス、ちょっとだけ。

で、サンホールにて弟のお友達でおすすめだったイヌガヨ
50回転ズ、フルカワミキとかぶってるという不利な条件でしたが、けっこう集まってました。さすが「タワレコで
3位」(笑)
「エネルギーの放出!!」
そんな言葉がぴったりな素晴らしいバンドでした。
ただサンホールの音の悪さは残念。
弟によるといい音のハコだともっと凄いらしいです。

7時台は結局、つけ麺で夕食。
その後、弟のお友達、知り合いとおしゃべり。
イヌガヨのドラマー、たろうくんとか某ライブハウスのブッキングマネージャーとか802のDJさんとかけっこう濃いメンバー(笑)弟、しょうへいが「The ヒト」というバンドでドラムをやってて、知らぬ間にけっこう顔広くなってた(笑)知らぬ間にドラムもかなり上達してる(笑)

セカイイチ、入場規制かかるかもということで、早めにクアトロへ。
セカイイチの演奏力、素晴らしかったです。
特にドラムは今まで見たどのドラマーよりも上手かったかも。
CD音源よりライブの方が断然、いい!
新曲「Step On」は涙腺に来た(笑)


ホイール終了後、三角公園でまた大阪ミュージックシーン関係者集合。
イヌガヨベーシスト、岡部くんの弾き語り、良かったです。


バンドをとことんサポートしてる堺FUZZのブッキングマネージャーさんの姿勢も素晴らしいなと思いました。ライブハウス同士で競い合うことは必要だと思いますが、反目しあってる場合じゃなくて、時には手を繋がないと大きなことって成し遂げられないと思います。FM局もCD店もライブハウスも一体になって、関西のミュージックシーンを盛り上げていってもらいたいですね。

もちろん音楽ファン1人、1人にもできることはいくらでもあります。「見放題実行委員会」みたいなグループに参加するのもありだし、ブログやツイッター等で発信するのもありだし、自分の好きなバンドのフライヤー配り、物販スタッフ、引き受けるのもありだし。バンドの頑張りだけじゃ行き届かないとこまで届けるのもファンの役割だと思います。
それだけ熱心なファンを集められるバンドがやっぱり強いと思います。いくらいい曲作っても、いい演奏しても届かなければ評価すらしてもらうことすら叶いません。
バンドは絶賛されるだけのライブパフォーマンス、曲作りを求められるわけですが、熱心なファンや音楽業界関係者を味方につけようと思うならそこは必須項目になってくるでしょうね。売れるためのハードルって相当、厳しいのが現実。

セカイイチの岩崎さんが「ライブを良かったと思ったなら『良かった』とtwitterでもなんでもいいから発信してください。」と言ってましたが、これはささやかでも非常に大事なことだと思います。岩崎さんは「それで僕らも嬉しい」と言ってたんですが、バンドメンバーに感想を届けるという意味合いだけではなくて。
ピロウズのさわおさんが「セカイイチ、良かった」って言ってなかったら聴くことすらなかったかもしれません。友達の「良かった」って一言がきっかけで素晴らしい音楽に出会えることだって十分、あるわけで。自分が素晴らしいと思えたなら、それは埋もれさせちゃいけません。

ということで音楽を愛する皆様、お互い素敵な音楽をおすすめしあっていきましょー。
06:32 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ユピトーク@para-dice

5月2日は久しぶりに梅田へ。

タワレコでサニーデイのアルバム「本日は青天なり」、DVD「Teenage Flashback」THE BAWDIESのアルバム「THERE’S NO TURNING BACK」、相対性理論のアルバム「シンクロニティーン」、曽我部恵一のエッセー「昨日・今日・明日」、村上春樹の「1Q84 Book3」を購入。

サニーデイのアルバムは非常にゆるい。
THE BAWDIESのアルバムは非常にソリッド。
これがとても対照的でおもしろいです(笑)

フジロックでサニーデイが再結成した時は非常にテンション上がったんですが、今は至って平熱。過剰な期待はしていません。元々バンド的なスキルの高いバンドではないですし、曽我部さんがソロになって離れていったサニーデイファンを呼び戻すのに利用している感がなきにしもあらずですしね。温かく見守る、くらいのスタンスで。


買い物を終え、散歩しながら扇町へ。

大阪にやってきたユピトークのライブを見てきました。



今回は大阪のゆりえさんのお友達のサポートメンバーを従えてのバンド編成。5人で合わせたのは当日のリハだけという事情だったにも関わらず、素晴らしい演奏でした。バンドメンバーがユピトークの曲を理解し、愛してるからこそできる演奏だな~と思いました。ゆりえさんが凄く嬉しそうで、楽しそうでイキイキしていたのが印象的でした。これだけのバンドとやれたらそりゃ楽しいに決まってる。ちょっと羨ましかったです(笑)
23:34 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

CONTACT '09

moopy企画のイベント、「CONTACT」に行ってきました。
moopyが今年、出会ったお気に入りのバンドばかりを集めた素晴らしいイベント。
都合によりカルマセーキとmoopyしか見られませんでしたが。

カルマセーキは桃さんのイベント、「堀江レストラン」以来、2回目。
めちゃくちゃ良かったです!
巧いし、アレンジの練り方が凄い。
シゼンカイノオキテもmoopyもエントリーしてたコンテストで見事、優勝したのが、このカルマセーキ。堺市とFM802主催の「ミュージックチャレンジ」優勝者のモーモールルギャバンを抑えて、関西インディーズバンド代表決定戦ともいえるこのコンテストで優勝しちゃうのってほんと凄いことなんです。優勝賞金100万円。すげー。


moopyは今回のライブはキーボードのサツキさん、ドラムのペコさんが脱退ということで、moopyのオリジナルの4人としては最後のライブでした。

前回のライブ前にサツキさんの脱退のお知らせは入ってたものの公表してなかったのでライブの感想が書きづらかったんですよね~。サツキさんの脱退が決まって間もない状況の中、気を使いあってイマイチかみ合ってなくて実力を発揮しきれていないライブでした。だからこそ「moopyはこんなもんじゃない」と書いたんですが。



今回も若干、心配してたんですが、1曲目を聴いて安心しました。「吹っ切れてる」「ベストを尽くすことに徹している」と感じ、聴きながら「これでこそmoopy!」うなずいていました。と同時に「これで見納めか」という寂しい思いも...。
新しい曲に関してはサツキさんの消極性がどうしても見逃せず。アレンジの段階から積極的に関わっていなかった感じが。右に向かおうとするだし番町と、左に行きたがってるサツキさん。そんな雰囲気を感じました。もう限界なんだなと。お互い我慢していっしょにいても良い結果を生み出せなくなっているのが見えてしまいました。
本編最後の「Take Time」は長い間、やりこんでる上にメンバーの「出し尽くす!」「ありがとう」という気持ちも相まって、神がかり的な素晴らしさでした。何かが降りてきてましたね。
総括的なライブにした方がバンドとしての完成度、パフォーマンスは安定したはずです。が、あえてそうせず、新曲も織り交ぜてきたのはだし番長の意地かなと。総括的なベストアルバム的なセットリストのライブにしてしまうとしんみりした解散ライブのようになっちゃいますからね。今日のライブがmoopyの区切りではないという意思表示だったんだと思いました。
moopyはまだまだ続いていくので、新しいmoopyをこれからも応援していきたいと思います!


イベント終了後、moopy、カルマセーキのメンバーの皆さんとおしゃべり。
カルマセーキのメンバーとサインをもらいながら初めて話したんですが、それぞれ個性的で魅力的な方々でした。またじっくり音楽談義してみたいところ。
紅一点ドラマーの山口さんは、高校の後輩でした!さらにお母さんが自分の母校の校長で、親同士が同業者!ジャケットも塩屋のグッゲンハイム邸!つながりすぎやろ(笑)後日、教員の父、弟に確認すると山口さんのお母さん、知ってました(笑)

弾き語りライブやオリジナル曲だけでのバンドのライブをやってみたいという欲求がじわじわと熱を帯びてきました。バンドはなかなか難しいかもしれませんが、弾き語りライブイベント、近いうちにやりたい!絶対、やる!

曲、作らないといけない状況にしないと曲、作らないですから(笑)
21:05 | live!! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

くるり「とろみを感じる生き方」@大阪厚生年金会館

あるマイミクさんからくるりのチケットを譲っていただき、昨日、行ってきました。
7列目の特上席!
一昨年、フェスティバルホールのチケットを確保したものの行けなくて、くるりのライブ見るのかれこれ10年以上ぶり。デビュー間もない頃に心斎橋クアトロにてLab LIFeとの対バンイベントを2列目で見て以来。くるりは大人になっていました(笑)当然、自分もなんですが(^^;

以下、ネタバレ。
続きを読む
20:19 | live!! | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。